SSブログ

電飾 [ミランガル 製作記]

ミランガルの電飾工作です。

まずはガミラス目の電飾です(^^)/
今回は通常航行時のグリーンと、戦闘時のイエローの切り替えは無く、常に戦闘モードのイエローのみにしました。
切り替える必要が無いので、単純に光らせれば良いため、工作が格段に簡単になります(^^♪
でも、ダロルドであるこのキットは、ガミラス目のパーツが透明ではないのが最大の泣き所です(+_+)
ダロルドを製作した時に作っておいた、ガミラス目を複製するための型を再利用して、光る部分をプラ板に置き換えました。
ガミラス目の加工.jpg
A ガミラス目の原型です。
  リップクリームを塗って、100均のパテを詰め込んで複製したものです。
  捨てずに取って置いた貧乏性が役に立ちました(^_^*)
B 型を使って0.5ミリのプラ板をヒートプレスして複製します。
  温め方や力を入れる方向にコツが必要ですが、まぁ何とか複製できました。
C パーツの光る部分をくり貫きました。
  特にエッジ部分はプラ他が密着する様に削り込んでいます。
D ハメ込んで密着度を確認しています。
  どうやらピッタリ収まりそうです。
  多少飛び出していますが、これは後から綺麗に成型します。

ガミラス目を取り付け、プラ板部分は遮光処置をしてから取り付けます(^^♪
ガミラス目 取り付け.jpg
A パーツを取り付けますが船体とのスキマが出来ますので、パテで塞ぎます。
  ここから光が漏れちゃうとガッカリな電飾になっちゃいます。
B 内側からもパテを詰め込んで完全に遮光しています。
C 成型後、遮光のためのブラックを吹きました。
  ついでにオープンデッキの部分にも吹いて透過防止の処理をしています。
  この後、サフを吹いて下地を統一してから塗装しています。
D 塗装後、プラ板のガミラス目を接着して成型します。
  ペーパーを当てるので塗装がハゲてしまいますが、筆塗りでタッチアップして
  仕上げています。

いよいよLEDを取り付け発光させますが、出来るだけ均一な光にしたいため、LEDの取り付け位置はとても重要になります(^^)
ガミラス目は、割りと複雑な形をしているので、光の当て方によって影が出来てしまう場合があります。
ガミラス目 電飾.jpg
A 結局、イエローLEDは二つ必要だという結論に達しまして、CRDを通して直列に
  ハンダ付けしました。
  0.3ミリのプラ板をLEDにヒートプレスして、拡散キャップを自作しています。
  市販の拡散キャップでは光の損失が大きくて使えませんでした(ーー;)
B 内部に取り付けた様子です。
  固定にはホットボンドを使用しました。
  ガミラス目の先端部分はオレンジ色で、イエローへと変化するグラデーションに
  発光しています。
  先端部分にはオレンジのLEDを1個追加して再現してみます。
C オレンジのLEDにCRDを1本使いましたので、オープンデッキの照明用に
  電球色のLEDも直列で繋ぎました。
  今回は電池でも駆動できるようにしますので、CRD1本にLEDを二つまでなら
  直列でつなげられます。
  この辺りの仕組みは、MG誌の電飾特集でご説明した通りです(^^♪
  どんな複雑な電飾も、基本構成の組み合わせです(^^)/
D 発光させた様子です。
  贅沢にイエローLEDを二つ使ったおかげで、全体が綺麗に発光してくれました。
  先端はオレンジで発光しているのですが、写真に撮るとただのイエローになり
  ますね(^_^*)

甲板の航行灯は、ファイバーで発光させました。
ファイバーの通り道.jpg
甲板の航行灯は3箇所ありますが、ひとつのLEDの光をファイバーで分けて発光させています。
甲板パーツの裏側に溝を彫り、ファイバーを埋めるのですが、薄いパーツなので彫る深さがシビアです。
明るく発光させるには太いファイバーの方が向いていますが、溝の深さが取れないので0.25ミリのファイバーを使いました。
ファイバーの先端をあぶり、玉を作ってペーパーで成型して曇らせてから植えています。
これによって、0.25ミリのファイバーでも0.5ミリバリの光が得られます(^^♪
また、ファイバーは急な曲げに弱いので、通り道は自然な曲面で構成します。
パーツに挟まれたりしないか、合わせ目から光が漏れないか、じっくり検討しながら一箇所に集めます。
それからLEDの位置が決まります。
今回は随分と離れた位置になりましたが、ファイバーの光の減衰は離れていてもさほど問題にはなりませんので、ファイバーの通り道を最優先にしています。

内部を配線します。
配線.jpg
航行灯のグリーンLED専用にCRDを1個使用しましたので、ここにもう1個LEDが接続できます(^^♪
オープンデッキの天井照明として、チップLEDを直列で繋ぎました。
ガミラス目の配線と合わせて、後は電源につなげはOKな状態にしておきます。

これでオープンデッキや全通甲板の照明まで設置できました。
照明できた.jpg
今回は簡単な電飾という事で、航行灯は工作が楽な部分のみ工作しています。
全通甲板やオープンデッキの照明も、ダロルドの時はプラ板で拡散させたのに、単純にチップLEDをつけただけなので光がスポット的になってしまいました(ーー;)
まぁ、それでも、ビジュアル的には効果があったと思います。

エンジンも電飾します。
今回はLEDを組み込んだだけで、PICによる高速明減はしていません。
しかも、上下のブースト時の噴射も電飾しませんでした(^_^*)
エンジンの電飾.jpg
中央の上下に並んだ噴射口は、単純に穴を開けて3ミリのピンクLEDを取り付けています。
両舷の噴射口も、取り付け部分を利用して3ミリのピンクLEDを取り付け、すぐ後ろに開けた穴から配線を内部に引き込んでいます。
本当に単純にLEDを組み込んだだけですが、複雑な工作が無い分サクサクと進み、作ることを楽しむ事ができた様に思います(^^♪

配線もメッチャシンプルです。
配線のまとめ.jpg
基本的にCRD1本に対してLEDを1個か2個直列でつなぎ、それを電源に並列で繋いでいく配線です。
ICもPICも一切使っていないので、内部はとってもシンプルです(^_^;)
電飾って本来こういうものなんだよなーと、改めて思い知った製作でした。

次回は細部の工作と塗装をご紹介したいと思います(^^)/

現在、2つのブログランキングへ参加しています。
1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ


コメント(2) 

コメント 2

かずき

こんばんわ。いつもどろぼうひげさんの記事を拝見させてもらっています。質問なのですが、どろぼうひげさんは、電飾はなにか特別な知識をもっていたりするのですか?
by かずき (2015-02-19 22:21) 

どろぼうひげ

かずき さん、こんばんは(^^♪
いつもブログを見て頂き、ありがとうございます(^^)/
電気は、決して自慢出来る様な知識はありませんよ(^_^*)
元々電子工作が好きで、色々といじっているうちに覚えて行った感じです。
偉そうに教えられる立場では無いのですが、自分の知識が人の役に立つのって嬉しいじゃないですか(^^♪
このブログが何かの参考になってくれれば幸いです(^^)/

by どろぼうひげ (2015-02-21 01:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

艦載機と甲板塗装とベース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。