SSブログ

ボディーの成型 [デロリアン製作記]

今回はボディーの成型です。

このキットに限った事ではありませんが、カーモデルは金型の都合でパーティングライン(合わせ目)が出来ていて、実車には無いスジが入っています。
フェンダーの角やピラーなど、目立たないところにあるので見落としがちですが、指で触るとすぐ判りますから、しっかりと成型してあげます。
更に、デロリアンとしては、モールドを埋める部分があります。
ボディー モールド消す.jpg
実車のデロリアンは数種類あり、映画で採用された車種と違う部分があります。
フェンダー右側にアンテナ基部がモールドされていますが、劇中ではありませんので削り取ります。
ボンネットに給油口のフタがモールドされていますが、これもありませんので、パテで埋めました。

キットにモールドされたコード類は削り取ります。
コードモールド 1.jpg
フェンダーに添う様に這っているコードがモールドされています。
ナカナカの再現度で、塗装するだけで良い感じに仕上がりそうです。
でも、やっぱり実車がコードならコードを這わせて仕上げたいですね。
そこで、このモールドは全て削り取って、後からコードを追加する工作をしたいと思います。

まずは、ノミでほとんどのモールドを取り去ります。
コードモールド 2.jpg
WAVEのHt-412/1.6mm を使って切り取りました。
これ1本で全て取り払おうと思ってはいけません。
ある程度残して、元のボデイーの深さまで削ってしまわない様にします。
少しずつ、焦らず削っていくのがコツです。

次に、リューターで成型します。
コードモールド 3.jpg
丸ビットで、これも少しずつボディーとの繋がりを意識して削っていきます。
ダイヤモンドビットより、螺旋状に刃があるビットの方がコントロールしやすいです。
なぞる様に移動させて、様子を見ながら少しずつ成型していきますが、下地がシルバーなので見にくいです。
時々指を当てて確認しながら作業する必要があります。

仕上げは神ヤスです。
コードモールド 4.jpg
GodHand の神ヤスで仕上げます。
曲面に追従しやすい2mm厚を使いました。
爪の先で段差が無いか確認しながら、#400で成型して、#800で仕上げています。

サフで確認します
コードモールド サフ.jpg
最後にサフを吹いて、綺麗に削れたか確認します。
下地がシルバーですと、微妙な凹凸がわかりにくいです。
コードの下になっていた車体のデティールも彫り直して復活させておきます。
後からコードを這わせるので、サイドモールは潰れていても構いません。

全てのコードを取り去りました。
コードモールド 完了.jpg
最初から無かったかの様に仕上げるのは大変だと思いますが、プラモ製作では合わせ目消しの様に重要な工作です。
ボクの場合は海外製のプラモを散々作ってきたので、自然と身に付いたスキルですが、初めて挑戦される方には難しいかもしれません。
失敗したらパテ埋めして再度トライできますので、臆せず挑戦して頂きたいです。
綺麗に削り取る事ができると、とても気持ち良いんです。

コメント(2) 

コメント 2

はねまる

こんばんは
ディテールの埋めと削りなかなか大変ですよね。
今となっては年月が経過したキットですが、全体の造形はとても綺麗ですよね。
バイクのキットのブレーキホースみたいに公式で後付仕様にしてくれていれば楽なんですが。
by はねまる (2021-05-16 15:51) 

どろぼうひげ

はねまる さん、こんばんは^^
あの当時のキットであると思えば、ナカナカの再現度だと思います
個人的には、スケールが大きいとありがたいのですが(^_^;)
by どろぼうひげ (2021-05-17 23:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。