SSブログ
TIE INTERCEPTOR 製作記 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

窓のくり抜き [TIE INTERCEPTOR 製作記]

六角の窓をくり抜きました。

タイシリーズの特徴的な六角形の窓ですが、キットにはクリアーパーツが付属しています。
しかも、マスキング用のシール(自分で切り抜かなくてはなりませんが)まで付属してます(^_^;)
でも、このクリアー部分が歪んでいて、しかも透明度もあまり良くありません(ーー;)
ここはプロップ同様、くり抜いてみる事にしました。
まずは、リップクリームをぬってパテを押し込み、土台を作りました。
パテ土台でくり抜き.jpg
パテで土台を作る事で、エッチングソーで切り込みを入れてもアームに無理な力が掛からず、安心して作業できました(^^♪
最後にヤスリで成型したのが右の画像です。
一円玉より小さいパーツなので、アーム部分は1ミリ程度の幅しかなく、上手くくり抜けるものなのか、半信半疑で取り掛かったのですが、何とか成功できて良かったですヽ(^。^)ノ
表面には、微細なモールドがありますので、塗装もしてみました。
塗装してみた.jpg
インストでは、ジャーマングレーが指定されていますが、グリーン系よりもブルー系に持って行きたかったので、No.307 FS36320と、No.301 FS35081を6:4で混色したものを使用しました。
モールドがクッキリと出て、苦労してくり抜いた甲斐があった気がします(^_^;)
船体に取り付けてみました。
ハメてみた.jpg
透明部分がなくなった事でかなり見通しが良くなり、メカのディテールが映えて随分と印象が変わりました(^^♪
やはりくり抜いてよかったと思います。

さて、次は左右のソーラーパネルの加工に移りました。
パーツとしては、ほとんど一体成型されているので、手を加える部分はそれほどありません。
左右対称だったし.jpg
実は、いつも見ているプロップの画像が左右反転されたものだったらしく、モールドが全て逆だと思い込んだボクは、一部カットしてしまいました。
赤い矢印部分は上下の長さが反対だと思ってカットした部分を、真鍮パイプでリカバリーした部分です(^_^*)
メカのモールドが上下逆さまになっている部分があるので、どうやらプロップでも、同じパネルのパーツを左右に取り付けてあるみたいですね。
細かいモールドの違いはありますが、このソーラーパネル部分は、ほとんどキットのままでいけそうですヽ(^。^)ノ
ちなみに、パネルの黒い部分は、別パーツとなっているので、骨組みを船体色で塗装後に取り付ける予定です。

それから、「接着剤ハミ出しパテ」方式で貼り合わせた船体を成型してみたのですが、なんと、ハッチのヒンジ部分が壊れてしまいました(+_+)
やはりプラ板だけでは強度が不足していた様です。
ヒンジを金属に.jpg
赤矢印の第一関節(?)を金属に置き換えました(^_^;)
基部に穴を開けて、U字に曲げた金属線を差し込んだものです。
これで簡単には壊れないハッチとなりましたが、初めからこうすれば良かったってオチですな(^_^*)はははのは

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(6) 

塗装の前準備 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

各所に細かいディテールを加えました。
塗装の前準備まで進んでいます。

ソーラーパネルは、ほとんどが一発成型ですが、かなり忠実にプロップを再現しています。
少々モールドが小振りですが、さすがはファインモールドですね(^^♪
ただ、一体成型によって、モールドが不足している部分があるため、多少追加工作をしました。
表面の追加した部分です。
パネル表面.jpg
赤い矢印部分に、プラ板や伸ばしランナーでモールドを追加してみました。
丸が4つ並んでいる部分は、ファルコンでも使用されているパーツが使われていますね(^_^;)
さすがにそのまま再現するのは無理なので、ビニールコードの輪切りで、それらしく追加しました。
内側の追加工作です。
パネル内側.jpg
内側の後側になるとほとんど資料が無くて、もしかしたらこうかな?的な思い込みでデッチアップしています(^_^*)
こちらも一体成型により、立体感が不足している部分を補完するかたちでディテールを追加しています。
船体表面にも、ディテールを追加してみました。
船体表面.jpg
こちらは拡大画像がネットにたくさんありますので、どんなモールドになっているのか判り易いです(^^♪
でも、1/72というサイズ的な制約で、とても全ては再現できません(+_+)
穴を開けたり、細いプラ板を貼り付けたりと、出来る範囲での追加工作となりました。
画像では、まだ取り付けていませんが、2基のレーザーも0.7ミリのピンバイスで開口してあります(^^♪

もうちょっと手を加えたい部分もあるのですが、キリがないのでこの辺でディテール追加は終了です(^_^*)
合わせ目消しや、追加モールドの接着状態を確認するため、マスキング後に一度サフを吹きました。
サフ吹き.jpg
ちょっと合わせ目消しの甘かったところや、いつの間にか付いたキズが見つかり、サフを吹いておいて良かったです(^_^;)
やはり塗装前のサフ吹きは重要ですねー

さて、形としては完成しましたので、塗装の準備に取り掛かりました(^^♪
実は、ソーラーパネルは非常に薄く成型されており、色が白っぽいのも手伝って、かなり透けます。
一度全体にブラックを吹いて、遮光しました。
遮光のブラック.jpg
ブラックを吹く事で、全体の色調を統一しておく狙いもあるのですが、これでバッチリ透けが無くなりましたヽ(^。^)ノ
ここで吹いたブラックですが、つやありのスーパーブラックです。
一度つや消しにしてしまうと、つやを戻すのは非常に大変で、スミ入れの時にチレてしまい、クッキリとしたラインを出しにくくなります。
この段階からつやに気を使って置く事は、とても大切だと思います(^^♪
機体色ですが、実際のプロップでは、ほとんどブルーですが、劇中ではグレーであり、どちらの色で塗装するべきか、非常に悩む部分です(ーー;)
ボクも随分と悩んだのですが、お気に入りのショットが紫掛かったグレーで、とてもかっこ良いです。
どうせなら、オリジナリティーも出したいし、紫っぽいグレーに挑戦してみようかと思っています(*^_^*)キャッ
しかし、紫って難しい色なんだよなぁ(;一_一)

ごめんなさい。明日は仕事の都合で更新できませんm(__)m

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


nice!(0)  コメント(8) 

塗装開始 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

塗装を開始しました(^^♪

船体の色は、紫っぽい白にしようと思っていたのですが、友人達は口を揃えて「変じゃね?」「合わなくね?」と、暖かい言葉を掛けて下さいます(^_^;)
試しに、ネット上の画像をフォトショで色替えしてみたら、確かにすごい違和感があります。
この機体をもう一度製作する機会は無いかも知れないので、やはり普通に塗装する事にしました(^_^*)
となると、プロップを重視したブルーの機体か、劇中での白い機体かで悩む事になりますが、結局、劇中の白っぽい機体に仕上げる事にしましたヽ(^。^)ノ
白といっても、ほんのりと青紫が入った白に仕上げたいと思います。
まずは、グレーFS36495に、クリアーブルーとシャインレッドを 9 : 0.6 : 0.4 で混合して、白っぽい青紫を調色して吹きました。
一色目.jpg
これがベースカラーとなりますが、これだけで何だか良い感じです(^_^;)
いっそこのままスミ入れしちおうかと思いましたが、何とか思い留まり、白を吹き重ねました。
白重ねた比較.jpg
白といっても、ほんのりとした青を残したかったので、グレーFS36945を5倍に薄めたもので少しずつランダムに重ねています。
左がベースカラーのまま、右がFS36495を重ねたものです。
周りに比較するものが無ければ、真っ白い機体に見える程度まで吹き重ねました(^_^;)
仮組みした様子です。
重ねた後.jpg
白い部分をランダムに重ねた事で、ほんのりと青っぽい白に仕上がりました(^^♪
光が当たっているハイライトは白っぽく、陰になっている部分は紫っぽい、微妙な色調です。
単にFS36945を吹いただけでは得られない、微妙な色調が出せたので、自分的には満足しています(^_^)
まだ立体感が乏しいのですが、この後のスミ入れでコントロールしたいと思います。
ちなみに、他のパーツも塗装を進めています。
小物パーツ.jpg
ソーラーパネルのパネル部分は別パーツですが、ランナーに付いた状態で塗装しました。
インストではブラックが指定されていますが、真っ黒にしてしまうと微細なモールドが目立たなくなってしまいます(+_+)
ここはちょっと明るいブラックグレーを吹いて、後からブラックのスミ入れをする事でキットのモールドを活かす事にしました。
白いフレームに黒いパネルが組み合わさるので、多少明るい黒でも真っ黒に見えるハズです(^_^;)
それと、船体に付くメカ部分のパーツですが、インストではニュートラルグレーが指定されています。
六角の窓と同様に、黄色系ではなくて青系に振りたかったので、同じグレーを吹きました。
次はスミ入れで、立体感を加えたいと思います。
帝国軍の機体はあまり汚れていないので、汚しは控え目にするつもりでいます(^_^*)

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(12) 

スミ入れ [TIE INTERCEPTOR 製作記]

今日は会社から急な呼び出しがあり、製作はチョビットしか進んでいません(^_^;)
支柱を取り付け、スミ入れを行いました。
一部の塗りワケも行っています。

完成時に船体を支えるための、支柱を取り付けました。
支柱は本体の下側から、アルミパイプにより浮いている感じで支えます(^^♪
支柱の取り付け.jpg
最下部に穴を開け、アルミパイプを瞬間接着剤で固定した後、エポキシパテでガッチリ固定しました。
アルミパイプには、4方向に切り込みを入れ、回転方向にも強度を持たせる工夫をしています(^^♪
この支柱は、塗装しないで置き、金属の質感を残しておこうと考えています。

次に、白が基調で凹凸が目ただず、立体感が不足しているので、スミ入れを行いました(^^♪
せっかく淡いブルーに調色したので、スミ入れにより色調が変わってしまわないように、ブラックをそのまま使用しています。
スミ入れ パネル表.jpg
いつもはブラウン系も加えて、汚れた影を作るのですが、出来るだけ今の色調を壊したく無いので、ブラック一色にしています。
プロップでは、ほとんどスミ入れされていない程度になっていますので、スミ入れのブラックはかなり薄めて使用しています。
スミ入れ パネル裏.jpg
それでも、スミ入れする事で、立体感が出てメカニックな雰囲気が出てきました(^^♪
画像は、暗く写ってしまったので、実際の色に近くなるように調整してから掲載しています(^_^;)
スミ入れ 本体.jpg
ほとんど一体成型なのに、こんなに微細なモールドを掘り込むとは、ファインモールドさん、良い仕事をしていますねヽ(^。^)ノ
本体のマスキングですが、最後につや消しのトップコートを吹くまでは剥がせません。
中のパイロットが、せっかくテカテカ塗装なのに、シオシオになってしまうからです(^_^;)
早く組みあがった様子が見たいのですが、ここはじっとガマンですね。

次にデカールを貼ろうと思ってインストを見たら、塗りワケ部分を発見して、慌てて塗り分けています(^_^*)
一部塗りワケ.jpg
この塗りワケは、一般のタイだけだと思っていたのですが、どうやらインターセプターにもあるみたいです(^_^;)
インスト指定のニュートラルグレーでは強すぎるので、FS36495を半量混ぜて薄めたニュートラルグレーを吹きました。
塗りワケはたったこれだけなので、マスキングも塗装も、あっと言う間に終わりました(^^♪
後部の六角形の中や、ハッチの凸部分など、まだ塗りワケは残っていますが、今日はもう時間切れです(ーー;)
明日は休みで、呼び出しはまず無いと思いますので、本体の完成までは持っていけると思います(^^♪
たぶん…(;一_一)

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(4) 

本体完成(^^♪ [TIE INTERCEPTOR 製作記]

各パーツを組み立て、本体が完成しましたヽ(^。^)ノ

ツイン・イオン・エンジンは、ファイバーを長めに飛び出させてありましたので、パーツの穴よりもちょっとだけ引っ込んだ位置で切り飛ばし、先端をクリアーレッドで着色しました。
イオンエンジン.jpg
点灯させてみると、ほんとうに小さな発光です(ーー;)
こんな小さな噴射口で、あれだけの推進力が得られるとは、ものすごいテクノロジーですねぇ
小さいけれど、とりあえず狙い通りの発光が得られたのでホッとしています。
このメカ部分はコックピットの窓枠と同じグレーで塗装しておいたのですが、あまりにコントラストが強すぎて浮いてしまいます(+_+)
グレーFS36495を軽く吹き重ねて、トーンを明るめに調整してなじませました。
また、後の六角形の窓部分ですが、エナメルのジャーマングレーで塗り分けています。
マスキングしても、枠の高さまでカバー出来ないので、エナメルの毛細管現象による沁み込みを利用して、キッチリ塗りワケしています。

また、搭乗口のハッチには、ちょっとだけ塗りワケがあります。
ハッチの塗りワケ.jpg
ほとんど判らない程度の小さな塗りワケですが、プロップでも塗りワケられていますので、筆塗りでタッチアップしています(^_^;)
ここはニュートラルグレーにFS36495を半分ずつブレンドした色で着色してみました。

最後にソーラーパネルです。
ソーラーパネル.jpg
ブラックグレーで少々明るめにしたブラックに、エナメルのブラックをスミ入れして、モールドに深さを出しました。
ランナーから切り離されているパーツがスミ入れをしたパーツですが、彫りが深くなっているのがお判りいただけるでしょうか(^_^;)
拭き取りは、ランダムにムラを付けてあり、単一な塗面にならないようにしています。
このニュアンスは賛否が分かれるところですが、ちょっとした色味の変化があった方が、ボクとしてはリアルだと思います(^_^*)
フレームに接着した状態です。
パネル接着.jpg
これだけで一気にタイ・インターセプターになりますね(^^♪
さすがはファインモールド。この複雑なカットのパネルがぴったりと収まっていきます。
流し込みの接着剤を付けすぎると、はみ出してしまう程です(^_^;)
ここで、メカ的に奥まっている部分に、エナメルのジャーマングレーにてちょっとだけスミ入れを加えました。
他の部分との色調を微妙に変える事で、メカニックさを強調する狙いがあります。
それと、キットに付属のデカールですが、プロップの画像を何度見直しても、マーキングらしきものが確認できません(+_+)
あった方がカッコイイとは思いますが、実物に無いものを貼るのはいかがなモノかと思い、デカールは一切貼りませんでした。
それと、帝国軍の機体なので汚しは加えていません。
スミ入れの拭き取りの僅かな残りによる汚れで十分だと感じたためです(^_^;)

最後につや消しクリアーでトップコートして、各パーツを接着し、本体の完成ですヽ(^。^)ノ
正面から.jpg
もうちょっと横から見た方が、タイ・インターセプターらしいですね(^_^;)
ナナメ横から.jpg
周りの色に影響されて、黄色っぽくなってしまった部分がありますが、実際には淡い青の入ったグレーです(^_^;)
全て完成したら、ちゃんと撮影し直しますね(^_^*)
後からのショットです。
後から.jpg
タイシリーズのデザインは、今みても素晴らしいですね(^^♪
六角形と球の組み合わせ、シンプルだけど奥が深いと感じるのは、ボクだけでしょうか。
ちょっと上から.jpg
特に、このインターセプターは、タイシリーズの中でも一番カッコイイと思う機体です。
白と黒のモノトーンの機体も、すごく魅力的です(^_^*)
ド派手なカラーの新3部作のメカとは違った魅力があると思います。
最後に、コックピットのアップです。
コックピットのアップ.jpg
窓をくり抜いた事で、かなり印象が変わった部分です(^^♪
工作は大変でしたが、くり抜いた方がよりプロップらしくなり、加工して良かったと思います。

【追記】 電飾を点灯した画像も追加してみました(^_^*)
電飾 コックピット.jpg

次はベースの製作ですが、デス・スター表面の様子を製作してみたいと考えていますヽ(^。^)ノ
ヤタさんのようなスゴイ造型はとても無理ですけど、雰囲気だけでも再現できればいいな~っと思っています。
しかし、デス・スター表面の建造物の資料って、ほとんどありませんね(+_+)
上手く作れるのかしらん(;一_一)

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(17) 

ベースの製作 1 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

ベースの製作に着手しました。

今日もまた会社からの呼び出しがあって、製作時間はほとんどありませんでした(+_+)
ブログには書かないようにしていましたが、実は今仕事がマンモス忙しくて、製作時間があまりありません(ーー;)
こんなペースでオフ会に間に合うのか、ギザ不安です(^_^;)

ベースですが、100円ショップで適当なコレクションケースを購入してきました。
オフ会に持参するし、飾るためのスペースも少ないため、タイ・インターセプターが収納できるギリギリの大きさにして、コンパクトにまとめたいと思います(^_^;)
そのため、コレクションケースの面積は、11.5×15センチと、大変小さくなっています。
そのベースには、デス・スターの表面をスクラッチしてみたいと思います。
見た目がデススターらしく見えるように、たてに3つ、横に4つ。合計12個のブロックを敷き詰める事にしました(^^♪
1つのブロックは3.6センチの正方形で、これに建造物を作って行くわけですが、困った事に、資料があまりありません_| ̄|○
唯一、365Daysの42日目に4パターンが掲載されていますので、これとDVDの映像を参考に、試しに1つ製作してみました。
ベース 1.jpg
何だかメチャクチャ寂しい造型ですね(^_^;)
こんなものが12個並んでも、デススターらしくなるとはとても思えません。
他のブロックも製作してみて、ある程度並べてみてから判断したいと思いますが、もしかしたら全て作り直すかも知れません(+_+)
その時は、もっと小さなブロックに分けて製作する事になると思います。
とりあえず、様子を見ながらこの方針で進めてみようと思っています(^_^*)

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(4) 

ベースの製作 2 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

ベースの製作が続いています。

デススター表面の建造物ですが、一見すると簡単にスクラッチできそうです(^_^;)
が、しかし。
そんな事は全くナッシングで、意外と複雑な形状の上、資料の少なさもあって、ナカナカ進みません(+_+)
とりあえず、もうひとつ製作してみました。
デススター2つ目.jpg
これを一つ製作するだけで、たっぷり1時間かかっています(ーー;)
う~ん。
こんなペースでは、オフ会までに完成できそうもありません。
今日は残業だったのですが、ちょっとアセリが出てきたので、頑張ってもうひとつ製作しました(^_^;)
デススター3つ目.jpg
これでやっと3つ目です(+_+)
全部で12個を並べるつもりなのに、やっと1/4が出来たところですね(^_^;)
たったの3つですけど、ちょっと並べてみました。
やっと3つ.jpg
急いで製作しているので、クォリティが低いですねぇ(;一_一)
時間に迫られてはいますが、こういったプラ板によるスクラッチは、結構楽しい作業です(^^♪
もっと時間があるときに、もう一度挑戦したい工作ですね
いっぱい並べてみたいです(^_^;)

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(8) 

ベースの製作 3 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

ベースの製作が続いています。
6個目のブロックまで出来ました。

ベースの製作が続いていますが、資料が少なくて困っていました(+_+)
そんな中、Eclatez さんとヤタさんから、とても参考になるサイトを教えて頂き、おかげで今まで判らなかったディテールがたくさん判明しましたヽ(^。^)ノ
Eclatez さん、ヤタさん、ありがとうございますm(__)m
こうして困った事を書き込むと、すぐに助けていただけるなんて、ボクはとても幸せな環境で製作できていると思います。
本当に、たくさんの方々に支えられていると痛感しています(^^♪

そんな強力な助けもあって、ブロックの4つ目も完成しました。
4つ目.jpg
多少ディテールの少ない部分は、ちょっとアレンジを加えています(^_^;)
だってー、あまりに寂しいんですもん(^_^*)
昨日までに完成した3つのブロックと、このブロックが合わさって、ひとつのブロックになっているみたいですね。
こういった4つで一つのブロックは、デススター表面にたくさんあるみたいです(^_^;)
資料が揃うと、製作もスピードアップして、今日は5個目と6個目も完成しました
5-6個目.jpg
このブロックは2つが繋がってひとつになっているブロックです。
貼り付けられる画像が横に広いので、90度回転して撮影しましたが、実際には縦に長いものです。
とてもシンプルに見えますが、ブロックの間の台形の凸部分は、高さを出すために箱組みしています(+_+)
一段凹んだ部分もありますので、全面にプラ板を貼ってから作業したり、細いパイピングもあったりして、かなり手間のかかるブロックでした(ーー;)
でも、これで6個のブロックが出来上がり、予定している12個の半分まで来ました(^^♪
並べてみた状態です。
6個目まで組み合わせ.jpg
撮影に使われたブロックは、全て複製されたものを並べてあるみたいですね。
注意してよくみると、どのブロックも型取りしやすいように、抜きの方向を考慮して製作されています。
また、エッジが丸くなっている部分もたくさんあり、カケやワレが起きにくいようになっているみたいです(^_^;)
ボクは今回、タイ・インターセプターのベースとして製作しているので、たくさん製作するつもりはありません。
全て違う形のブロックにしようと思っているので、今のところ複製するつもりはありませんが、こんなモノでもたくさん並べれば、少しはデススターらしくなるのかなぁ(;一_一)
だとしたら、今のうちに型取りしておいた方が良いのかも(^_^;)

ごめんなさい。明日は仕事の都合で更新できませんm(__)m

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(0) 

ベースの製作 4 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

ベースは、8個目までできました。

ベースの製作が続いています(^^♪
今日は娘の携帯を買いに出かけていたので、製作時間があまり取れなくて、ブロック2個しか進みませんでした(ーー;)
今までのブロックは、比較的平面の建造物ばかりだったので、7個目と8個目は、ちょっと高さのある部分をチョイスしてみました。
7と8個目.jpg
5個目と6個目で一つのブロックでしたが、7個目と8個目も2つでひとつのブロックになる部分です。
高さを出したかったので、土台からプラ板で箱組みしています(^_^;)
六角形の排気口らしきディテールもあり、起伏にとんだこのブロックは、ボク的には好きなユニットです。
全て箱組みなので、製作にはプチ苦労したのに、出来はイマイチな気がします(+_+)
コレクションケースの土台に並べて、どんな感じになるのかチェックしてみました。
8個目で並べてみた.jpg
光を横から当ててみたら、あらっ結構いい感じです(^_^*)
調子に乗って、横スレスレからも撮影してみました。
横スレスレから.jpg
更にこちらはモノクロに変換しています(^_^;)
ひとつひとつのブロックでは、造型がアッサリしていて、こんなものでデススターらしくなるのか不安でしたけど、並べれば結構建造物らしくなるものですね
しかも、全て抜きの関係で横方向への空間が無いのにです。
改めて、プロップ製作者のセンスの良さに感心してしまいました(ーー;)

感心したといえば、近くのヨド○シカメラに寄ったら、スターウォーズ ビークルコレクションが売っていたので、速攻でゲットしました(^_^*)
全部で6種類あるのですが、ボクはタイ・ファイターとAT-ST、X-Wingが欲しいと思っていました。
とりあえず4つ購入したのですが、なんと、その3つ全てを一発でゲットできましたヽ(^。^)ノ
ビークルコレクション.jpg
ちなみに、もう一つはナブースターファイターでした(ーー;)ちっ
近くのコンビにでは全く見かけないので、オークションで買うしか無いのかなーと思っていたところでしたが、タマタマ売っているのを発見し、4つのうち3つが欲しいビークルだったとは、なんという幸運でしょうヽ(^。^)ノ
感心したのは、その造型で、とても食玩とは思えないクォリティです(゜o゜)
タイ・ファイターのみ組み立ててみましたが、窓とハッチが外れるので、中をみたらシートがちゃんとモールドされています(^_^;)すげー
すごいぞタイ.jpg
さすがファインモールドがお手伝いしただけの事はありますね
ただ、スミ入れが全くされていないので、それくらいは手を入れてあげたいです。
っていうか、窓とハッチの透明部分もスモークになっていますので、こりゃぁ電飾の虫が騒ぎます(^_^;)
他のビークルもスゴイ仕上がりだし、価格も安いので、入手する価値は十分にあると思います
ボクは欲しいメカが3つ揃ったので、もう満足ですけど(^_^*)←本当はタイをあと100個欲しい

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(8) 

ベースの製作 5 [TIE INTERCEPTOR 製作記]

ベースの製作が続いています。
12個のブロック全てが終了しました(^^♪

デススター表面の建造物の製作が続いています。
実にたくさんのバリエーションがあるので、どれを製作するか悩みましたが、9個目のブロックはちょっと高さのあるものをチョイスしました(^_^;)
9個目.jpg
縦に3つのフィンが並んだこちらのブロックも、よく見かけるユニットですね(^^♪
高さを出したかったので、これもプラ板で箱組みしてみました。
細かい四角モールドは、あまりに寂しいので勝手に追加したものです(^_^;)
続いて10個目のブロックは、9個目と対になって見かけるブロックです。
10個目.jpg
高い部分と低い部分がひとつになった、建造物として効果的なブロックです(^^♪
こちらは1.2ミリのプラ板を重ねて削りだした方が楽かも知れないと思い、実験的にやってみたのですが、ヤスリ掛けが大変でした。
箱組みの方が断然楽でした(ーー;)
11個目は、低く抑えたかったので、比較的低いブロックをチョイスしてみました。
11個目.jpg
大きな半円とパイピングが特徴的なブロックです。
ちょっとメカニックな部分も欲しいと思い、製作してみました(^_^;)
この感じが結構気に入ったので、最後の12個目は思い切りメカニックなブロックをチョイスしました。
12個目.jpg
かなり複雑な造型ですし、1/700艦船パーツも流用しないと再現できないディテールもあり、トリを努めるに相応しい、手応えのあるブロックでした(^^♪
これで12個全てのブロックの製作が終了しましたが、何だか寂しい気分です(ーー;)
たったの12個でしたが、プラ板による製作はメッチャ楽しくて、まだまだ楽しみたかったというのが本音です。
機会があったら、もっとたくさんブロックを作って、ガンガン複製して、ズラズラっと並べて、ニヤニヤっとしたいですね(^_^*)
いつか挑戦したいと思いますヽ(^。^)ノ
サフを吹いて、コレクションケースの底に並べてみました。
並べてみた.jpg
ライティングも、ちょっとナナメから当てて、ディテールが浮き出る感じにしてみました(^^♪
こんなクォリティの低いブロックでも、こうして並べれば「それなり」に見えるものですね(^_^;)
もうちょっと低い位置からみた感じです。
モノクロで.jpg
こちらは更にモノクロにしてみましたけど、サフを吹いてあるので効果ありませんね(^_^*)
とりあえず、これでブロックの製作が終了したのでホッと一息です。
何とかオフ会には間に合うかなぁ(^_^;)

人気ブログランキングへ参加しています。
よろしかったら↓下記のリンクをワンクリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング

nice!(0)  コメント(4) 
前の10件 | 次の10件 TIE INTERCEPTOR 製作記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。