SSブログ
前の5件 | -

「電飾しましょっ!3Tips編」発売! [電飾しましょ]

おかげさまで、「電飾しましょっ!3Tips編」が発売となりました(^^)/
「電飾しましょっ!3」表紙1280.png
第3弾となる「電飾しましょっ!3Tips編」は、「テクニック編」と「PIC編」の2つのカテゴリーで構成されています。
前半のテクニック編では、ただ光るだけでは物足りなくなってしまった、向上心モリモリのモデラーさん達のための、Tipsを集めました
自分がたくさんの電飾模型を作ってきた中で、実際に活用している様々なテクニックを、可能な限り詰め込んでいます。
LEDの基本から、チップLEDのハンダ付け、簡単にできる透明パーツの作り方、ミスをしないための小技、リアルに光らせる方法など、必ず役に立つテクニックを多数掲載しています。

そして後半はPICの活用編です
「電飾しましょっ!2 PIC編」でのLED制御に続き、今度はモーターを自在にコントロールする方法をご紹介しています
今月のModelGraphix誌2021.01にて、実際に誌面で製作した、光る!動く!ZAKU HEAD を掲載して頂きました
MG2021-01.jpg
「電飾しましょっ!3Tips編」では、こちらのZAKU HEADをどうやって製作したのか、考え方まで詳細に説明しています
単なる製作技術だけではなく、どんな事を考え、検討して、何をあきらめたのか、完成までのプロセスを擬似体感することが出来ます
全体1.jpg
更に、電飾モデラーには必携の調光の方法と、それを応用したユニコーンガンダムまで、詳しく解説しました
これから始める方にも、もう一歩進んだ電飾を楽しみたい方にも、オススメの一冊です
ぜひご活用下さい!
よろしくお願いします(^^)/

コメント(2) 

PDF終了のお知らせ [ブログのこと]

こちらのサイトで公開された製作記は、古いスターウォーズ関係に限られますが、PDFファイルとしてダウンロード可能になっていました。
新PDF.jpg
これは読者であるのりさんのご好意によるもので、氏のサーバーの一部をお借りして実現されていたものです。
ずっとご好意に甘えさせていただいていたのですが、使っているキットも古くなってしまいましたし、ずっとお世話になったままでいるのも申し訳ないという気持ちから、閉鎖させて頂く事にしました。
11月中旬頃まではダウンロードできますが、それ以降はアクセス出来なくなります。
もし、まだダウンロードしていない方がおられましたら、今のうちに入手して下さいね^^
左の「PDF of the Build Article」からダウンロードできます。

のりさん、ボクも含めて、長い間多くの方に活用させて頂き、ありがとうございましたm(__)m



コメント(2) 

Star Destroyer Cutaway 掲載 [模型誌掲載作品]

今月のModelGraphix誌 2020.08 No.429 へ、Star Destroyer Cutaway を掲載して頂きました(^^)/
MG2020-08.jpg
漫画が表紙という斬新的なビジュアルで、攻めてますねー^^
「めんどくさい!」って書いてある模型誌もインパクトあります。
カーモデルが特集の今月号は、割と知られていないベーシックなテクニックから、他の模型製作にも役立つノウハウが網羅されていて、きっとお役に立つ内容ですよ^^
んで、今回はバンダイの1/5000 Star Destroyer をカットモデルで製作させて頂きました(^^)/
カット面から.jpg
先日NHKで放送された「逆転人生」に、ILMでCGデザイナーとして活躍されている成田昌隆さんがご出演されていて、Star DestroyerのカットモデルのCGをご披露されていました。
それがもうカッコ良くて、可能な限り再現してみようと思ったのです。
右面.jpg
右側はほぼ素組みです。
無数の窓の光は、キットの穴を利用して光ファイバーを植えて、スポットライトを追加しています。
エンジン周辺.jpg
内部メカは、流石にCGの様には作れませんので、ジャンクパーツを組み合わせてスクラッチしています。
メカの機能や役割を考えながら組み上げていく作業は、メチャクチャ楽しかったです。
ドック上から.jpg
係留ドックは、上からも俯瞰で眺められる様にカットしました。
完全にオーバースケールですが、タイ・ファイターを並べてみたりして遊んでいます。
プロップで実際に使われたプラモパーツや、BANDAI製SWプラモのパーツを使ってみたり、楽しかったです。
エンジンあおり.jpg
「Star Wars Modeling Archive Ⅲ」では、フクイさんが素晴らしい作例を製作されておりますので、また違った切り口で製作できて楽しかったです^^
製作内容の詳細は、ぜひ誌面でお確かめ下さい。
よろしくお願いします!

コメント(6) 

CAR-TOY WORKSさんに掲載 [模型の事]

乗り物を中心にホビー、おもちゃの買取・販売を続けている「カートイワークス」さんへ、フジミのSuper Cub 110 の製作記を寄稿させて頂きました^^
カートイワークスさんは、ミニカー、プラモデル、ラジコン、鉄道模型、書籍(ディアゴスティーニでも)、レゴなど、およそホビーと名の付く様々なアイテムを全国規模で買取・販売されているショップです。
特に乗り物関係は幅広く扱っており、レアなアイテムが見付かるかも知れませんよ^^
logo.jpg
https://www.car-toy-works.com/

こちらの「モデラーさんの作業部屋拝見」コーナーへ、恐れ多くもFUJIMI Super Cub 110 の製作記を寄稿させて頂きました^^
左から.jpg
https://www.car-toy-works.com/journal/40482/

Super Cub の製作記は、ツイッターには製作途中の画像を上げていましたが、ブログには未掲載になります。
まとめてご覧頂けますので、もし良かったらご一読下さい(^^)/
よろしくお願い致します~

コメント(2) 

ゴリアテ掲載 [模型誌掲載作品]

今月のModelGraphix誌 2020.07 No.428 へ、Finemoldsさんのゴリアテを掲載して頂きました^^
MG2020-07.jpg
今月の特集はFAZZ!!
堀越智弘氏、ken16w氏のドチャクソかっこいい作例に加え、あの牛久保氏のFAZZがまた拝める贅沢な一冊です!
もちろん他にも見応えたっぷりの作例がテンコ盛り^^
コロナで大変なこの時期に、よくぞココまで完成度の高い模型誌に仕上げたものです。
MG編集部のみなさん、お疲れ様でした(^^)/
さて、そんな大変な時に、ボクはヘラヘラとゴリアテを掲載して頂きました。
全体.jpg
細部の工作をチマチマと加えて情報量を上げ、巨大感を出したつもりです。
どんな工作をしたのかは、ぜひ誌面でお確かめ下さい(^^)/
キットには、同スケールのタイガーモスが付属していますが、これがまた良い出来なんです。
タイガーモス.jpg
こちらも細部をデティールアップして、ゴリアテの巨大感のお手伝いをしてもらいました。
ゴリアテといえば、迷彩柄が特徴的ですが、
トトロ.jpg
ラピュタファンの間では都市伝説となっているトトロも、バッチリ再現しています。
キットにはムスカ大佐のフィギュアが付属しいて、憎たらしいのですが(笑)、今回はバンダイのフラップターに付属しているシータのフィギュアのポーズを変えて、ホログラムで降りてくるあの名シーンを再現しています。
ラピュタ王.jpg
プロペラもPICで制御して、ゆっくり回しています。
短くて申し訳ございませんが、YouTubeに動画をアップしました。

コロナが収束して、みんな元気に会うことが出来る様になったら、ぜひ実物をみてあげてくださいね!
よろしくお願いしますo(^_^)o

コメント(7) 
前の5件 | -